Life in Texas

ヒューストン de 駐妻生活
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
体重増加警報
現在,妊娠五ヶ月半ばになりお腹もそれなりに目立ってきました。

ちなみに・・・アメ人ママ友さん達には全く気づかれてませんが(^▽^;)まぁ臨月になっても彼女たちよりはスリムかもしれないっすね。

で,旦那にちょっと見せびらかしてみる。

私「ねぇねぇ。けっこー出てきたと思わない?!」


そしたら旦那のヤツ,何て言ったと思います?


旦那「・・・それってさ,純粋に赤ちゃんだけのデカさ?」





Σ( ̄ロ ̄|||)がががーん!!




し,失礼な!!!!!けど・・・けど・・・・確かに自前もかなりある。。。




実は妊娠する直前,すごく太ってしまったのだ。こっちの食事にもすっかりなれちゃって,お菓子とかアイスとか日常的に食べちゃったりしてて,しかも締りのないカジュアルスタイルが当たり前。。。人生最大のダサ期を送っていた。


でもね。前回の日記で憎きツワリのことを書いたけど,ツワリの唯一良い点といったら,体重増加に悩まなくていいこと。むしろ減って心配したぐらい。だから,「どーせツワリで痩せるからいいかっ」とたかをくくっていた。娘のときも結局普段の体重より+5kgしか増えなかったし。


案の定,今回も前回同様のペースで吐き続け,「けっこー減ったかな?」と体重計に乗ったら,2kg減。「おー,この調子」なぁんて思っちゃいけないこと思ったりして,ツワリと戦い続けたわけだが。。。2週間後計っても,そのまた2週間後計っても,それ以上は減っていない!どうして?!前回は怖いぐらいハイペースに減っていったのに!

そこで,前回と違うことを思い返してみた。

まず「食べる」ことについての意識の違い。

前回は「どうせ吐くし,食べても意味ない」と思っていた。けど今回は「どうせ吐くんだから食べちゃえ」みたいな(笑)。

前回は吐くことを考えて,吐くときに辛くなさそうな食べ物を選んで食べていた。たとえそれが美味くなくても。けど,今回はどーせ吐くんだから,美味いもん食べて吐こう〜みたいな。我ながらポジティブ。


で,次に違うことといったら・・・あんま,認めたくないけど・・・





・・・歳?




20代と30代の違い?たった二年ほどでも,この違いはヒシヒシと。。。ますます痩せにくい体質になってると思われ。

恐る恐る,娘の母子手帳を見てみる。妊娠記録の中に見つけたかつての私の体重と,今の体重を比べてみると。。。


前回の妊娠8ヶ月の体重やんけ!!!!!まぢショック。。。


今回はダサ期の妊娠前からすでに4kg増。このペースで臨月までいったら・・・恐っ


アメリカはこんぐらい増えたってなーんも言われないところがまた恐し。

二人目は産まれたあとの体重の戻りも悪いってきくし。。。気をつけよ。
ツワリ
出産の時の痛さ。まぢで痛い,あり得ないぐらい痛い。

今回は無痛分娩に挑戦予定。コレはラッキー♪

でもね。私,別に絶対無痛がいいって思ってるわけでもない。そりゃぁ死ぬほど痛いけど,赤ちゃんに会えた瞬間に嬉しくって痛みなんてすっとぶし,大きな仕事をやり終えた充実感みたいなものに満たされるから。まぁ痛いのも数時間だし。


それよりも,何よりも,どうしても,勘弁して欲しいのが・・・



ツワリ




コレが全く無いって人もいるんだから,まじで許せねぇ(-_-;)。


とにかく,私が「母」になるために避けては通れないのが,このツワリなのだ。


前回は妊娠3ヶ月の終わりには7kg減り,水も取れなく「妊娠悪阻(病気)」になってしまった。いわゆる栄養失調のようなもんだ。点滴したって気休め程度。とにかく吐きまくって喉も切れて,血も吐いた。入院しなさいと医者に言われたが,レニと離れたくなくて断った(^▽^;)。


「そういや昨日今日吐いてないな」と気づいたのは妊娠7ヶ月の時。それから出産直前に吐くまでの間,胸焼け&空ゲップはずっと続いた。


二人目を何で躊躇してたかって,このツワリをまた体験するのかと思うと,恐怖だったからと言っても過言ではない。目もくぼみ,這いながらトイレに行くヨメを見て,旦那もさすがに「二人目欲しい」なんて能天気なことは言えまいと思ったはず。


で,今回。覚悟はしていたものの,それは一回目よりも早く現れた。


5週目に入ってすぐ,外出先でしんどくなり,帰宅直後に激しく嘔吐。


・・・っていうかさ,5週目なんて,生理が遅れて一週間ぽっちしかたっていない,普通だったら妊娠に気づかない人だっているぐらいな時期。私の場合,教科書どおりの排卵サイクルのため,3日遅れた時点で「出来たな」と気づいていたからよかったものの・・・。


それから丸2ヶ月,毎日4,5回吐きまくり。


妊娠4ヶ月〜5ヶ月始めまでの1ヶ月間は夜に2,3回吐きまくり。・・・もう勘弁して。。。

3ヶ月間毎日吐いた,というと簡単だけど,90日間毎日吐いたって事よ。まぢシンドイ。


それでも,前回があまりにもひどかったため,ちっとはマシだとは思うが,コレを初産で体験する人は「・・・私,死ぬかも」と思うに違いねぇ。


ドラマみたいに,いきなり「ウッ」とかなってトイレに駆け込むなんて,ツワリ軽い人。こちとら24時間ずーっと気持ち悪い。トイレに行けばいつでも吐けるんだけど,そう吐いてばかりもいられないから,やっぱり耐える時間も必要。本当に辛い。


でもようやく,ここ数日は夜もだいぶ楽になってきた。私の場合,ツワリが終わるっていうのはたぶんなくて,空ゲップや胸焼けはずっと付きまとうだろうけど,吐くよりはマシ。


そうそう。ツワリって「今まで溜まっていた邪気をはらう為のもの」という説を聞いたことがあり,前回は「私ってどんだけ邪気溜め込んでんねん」と苦笑いした経験があるが・・・娘を産んでからたった2年ばかしのあいだにまた沢山の邪気を身体に取り込んでしまったのか(-_-;)。

どう考えてもラストマタニティーなので,二人目出産後は邪気が溜まりまくり?!すごい嫌なオバサンになりそうだ。


ツワリはひどかったけど,今回は精神的にはかなり楽だった。理由は3つ。

まず,何よりも「経験している」ということ。前回は「ツワリいつ終わる?」とか「無事に産まれるか」とか「痛いってどれぐらい」とか謎だらけだったからね。

そして,「旦那がいる」ということ。前回は妊娠4ヶ月〜臨月前までシンガポールに駐在しやがったため,「二人の子なのに,なんで私だけこんな目に」と泣きながら吐いたもんだ。今回はいろいろと手伝ってくれたし,安心感をくれた。

あとは「上の子の存在」。寝たいときに寝れない,トイトレ,ご飯の支度,思い通りにいかないイライラ・・・上の子がいるから大変なこともあった。だけど,どんどん成長する娘を見るたびに「こんな大切な存在がまた産まれてくる」と思うと本当に嬉しい。娘がどんな風に姉風吹かせるのかと思うと楽しみ。


ツワリはツライ。だけど,そのご褒美はとてつもなくデカい。

(^・^)

頑張ったママにチュ♪





娘=姉
プールにて1プールにて2

最近の娘は髪も伸びたせいか,見た目もしぐさもすっかりお姉ちゃんらしくなってきました。

ハロウィン用のドレスを着せてみたら,プリンセスのようなポーズをとり,脱がない!と言ってみたり。


ついこないだまで赤ちゃんだと思ってたんだけどなぁ。


日本にいたら来年の4月で幼稚園生。それにあわせてこちらでもプリスクールに入れる予定です。たくさんリサーチしたおかげでいい学校を見つけ,早めに予約出来たのでホッと一安心。


こうやって,少しずつ私の手を離れていくのかなぁ。なんてね。


ちょっと,さみしいような。。。うれしいような,うれしいような,うれしいような(笑)。


もうすぐ2歳半,お姉ちゃんっぽくなった娘は,本当にお姉ちゃんになりました。



実は・・・二人目を授かりました。妊娠5ヶ月(16週)安定期になりました。



夫婦共々一人っ子を希望,特に旦那は頑なに一人娘を希望していたのですが,今年に入って考えが急変「妹か弟作ってあげたいかも」と・・・たぶん長期出張生活から抜け出し,やっと家族3人でゆっくりと暮らし始め,「家族」「我が子」という存在の尊さに気付いたんだと思う。

・・・私は,そう言われると嬉しさより不安が(^-^;。ツワリへの恐怖や,1人の育児でもテンパる器量のない母親に2人も面倒見れるのかとか。少なくても娘がオムツもとれ,会話も出来,フルで学校に行ってくれるくらいの満三歳ぐらいにならないと自信がない,と伝え,「あと半年たって気持ちがかわわらなかったら作ろうよ」と話し合ったお正月でした。


で,その半年後。2人の気持ちが一致し,授かることが出来ました。希望のタイミングで授かれたことは本当に奇跡であり,幸せなことだと思っています。


でもきっと日本にいたらこうはいかなかっただろうな。こっちでは日本に比べて旦那の帰りも早いし,家も広いし,なにしろこのテキサスのデッカイ空と大地が,私達の気持ちもデッカくしてくれた。



ツワリについては別の日に書くとして・・・(つД`)


英語やこちらでのやり方に苦戦しながら,なんとか頑張っております。経産婦のくせにまるで初産のようなテンパりようです(汗)。人生何事にも経験!無痛分娩を楽しみにしておりますv(T▽T)。


そうそう,妊娠がわかった時,誰よりもまずレニに報告しました(笑)。


「また1人,キョウダイ増えちゃうんだけど,いい?」

そしたらこの顔・・・

どーでもいいっす。

「どーでもいいよ,別に」


みたいな(^▽^;)。べた甘に育ててたのに,娘の時はやきもちをやくどころか,すぐに家族として認めてくれた良く出来た息子,レニ(親ばか)。きっと内心ウザイと思いながらも,祝福してくれていると思っています(勝手に)。


予定日は2/20。でも私的には前回,娘も予定日一週間前に産まれてるので,2/10ごろじゃないかと予想。自分の誕生日(2/18)前に生まれれてくれると嬉しいんだけど(見栄)。とりあえずまだ続くツワリと戦いながら頑張りますわ。