Life in Texas

ヒューストン de 駐妻生活
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
妊娠9ヶ月
いよいよ32週、妊娠9ヶ月となりました。


前回の妊娠より静かに出来る時間が少ないので、胎動を感じてもいちいち喜ぶヒマもなく、ちょっとかわいそうなのですが、最近では動きも人っぽく、「今、蹴ったな」とか「肘で押したな」とか、そんなことも分かるほど成長してくれました。


昨日の検診で触診の結果、逆子じゃないと判明し、一安心。異国の地での出産なので、なるべくノーマルなお産であっさりと終わりたいので。


久々に検診についてきた旦那&娘も、力強い心音に胸を躍らせていました。


妊娠ってやっぱり特別なもの。


誰かに「今何週目?」と聞かれると「・・・?二人目だからあんま数えてないや」的ないい加減さになると思いきや、「○週です」とキッパリ答えられるほど、ちゃんと自覚はしていました。その都度、ネットでどれだけ成長しているか調べてたしね。





前の妊娠と、今回の妊娠。何が一番違うと言ったら・・・





運転している。






前回は妊娠がわかってから自分で運転したっていう記憶がないなぁ。実家〜自宅までは、大体父が送り迎えしてくれたし(旦那は長期出張してたので)、それも助手席に乗らず、後ろ座席に座ってたかも。

電車もたくさん乗った覚えがない・・・何やってたんだろ、私(^^;


ツワリに開放されて動けるようになった妊娠8ヶ月〜臨月あたりは、近所のドッグカフェにレニ連れて犬友と遊ぶ日々が多かったので、車なんて検診のときぐらいしか乗らなかった。


けど今は・・・運転しないと生きていけません。


シートベルトのキツさはあまり気にならないのですが、さすがに乗ったり降りたりの動きがちょっと辛くなってきました。でも・・・


・・・そんな事、言ってらんない。


きっと出産の前日まで運転し、出産の翌日にはまた、運転していることでしょう。


::::::::::::::::::::::::::::::::::


そうそう・・・実は「妊娠糖尿病か?」という疑いがあったのです。

ここAustinでも、来年出産予定&妊娠予備軍が多いので、参考までに・・・って参考にしたくないだろうけど(^^;



以前ブログにもかいた「グルコーステスト」の結果が否になってしまい、再検査することになりました。糖尿病かどうかはわからないけど、「妊娠貧血」であることは確実だったらしく、即、鉄剤を処方されました。


貧血・・・全然、自覚症状ないんですけど。クラッっとかないし。


でも、娘の母子手帳を見返してみたら、前回もなってました。同じ時期に。



で。再検査の当日。

9:00am ・・・産院に着くなり採血。前回と同じジュースを飲まされる。

10:00 ・・・2回目の採血。通常の産科検診をする。

11:00 ・・・3回目の採血。

12:00 ・・・4回目の採血。

・・・とまぁ、血を抜かれまくりで。何が大変かってね・・・






ヒマ。激ヒマ。






採血なんて3分もかかんないんだもん。待ち時間、友達から借りた雑誌や、居眠り、院内を無駄にウロウロなぞして過ごしました。貧血だなんて言われたわりにはたくさん血を採られても全然普通だったですけど・・・。


で、結果はノーマル。なんだったんだ、いったい。。。


疑いがかかったとき、ネットでいろいろ調べたけど、入院しなきゃとか、毎日通院とか、インシュリンを自分で注射?!とか・・・とっても大変そうだったので、ほんと、結果が良くてよかった。


今後も何事もなく、無事に出産できますように。。。







コメント
コメントする