Life in Texas

ヒューストン de 駐妻生活
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
もうすぐご対面
あっという間に1週間たっちゃった。


今のうちにアレしなきゃコレしなきゃで、ちょっと忙しくしていました。


娘の学校の先生やお友達にバレンタインデーの準備もしておかなくちゃだし、手伝いに来てくれる母にプリペイド携帯送ってあげたり。。。いろいろやることいっぱいだわ。


で、今日は検診日。久々に旦那も来て、いろんなことの最終確認や、事前支払いなど済ませました。




しかし今日は待ち時間がながぁ〜い。二人っきりで個室で待ってても、大して会話の無い、今月結婚9年目を迎える私達。。。しかも軽くチワ喧嘩したりして(^^;・・・でも先生が来て内診し、「子宮口3cm開いてるわ!」の発言にお互い急にテンションが上がる(単純)。



先生も予定日(20日)まで待つ必要はないのではという見解。もしこのまま陣痛がおきなかったら15日に計画分娩しようとのこと。それには私達も合意しました。



・・・っていうか、たぶん、つか、間違いなく15日前に生まれる予感がするのよね。15日つーと39週の半ばで、前回初産なのに39週になった日に出産(しかも3450gあった)してるので、今回それより遅いってことはないと思うし、そこまでお腹にいたらもっとBIGに育ちすぎる気がする。


あー、いつ来るのかなぁ(陣痛)。なんかさ、自分でも不思議なぐらい陣痛の痛さの恐怖感がないんだよね。前回はけっこービビってたんだけど。夜とかけっこーお腹張ったりして「痛てて、もしかして?!」と思うときは間隔はかろうとチラッと時計をみるものの、その後時計を見忘れて「あれ。いつ痛かったっけ?」みたいな(適当)。



もういろいろ気を揉むのも大変だから、早く出てこーい。いい加減腹も重いんだよー(^^;。




男ってヤツは。。。
今日は37週、いよいよ正期産(早産は免れたぞ〜)突入の検診でした。


朝早い検診で、娘の学校の送り時間よりも早かったため、旦那におまかせ。


とはいえ、もちろんお弁当をつくり、着替えもすべて用意し、準備万端で出かけましたよっ。



検診に行って、びっくり!超音波の先生に呼ばれたので「も、もしや!」と思ったら、なんと超音波やってくれました!これで3回目!まぢかんどー(って日本じゃ当たり前だけど。)

ひっさびさにご対面したベビちゃんは、もうプックプクな顔をしていて可愛かった。すべて順調で安心。体重2800gちょいだって。。。って、前回は2800gと言われて、その次の日に産まれた娘は3450gもあったからね・・・あんまり信じてないけど。


そして、そして、「ギャルの可能性100%」の太鼓判を押してもらえました♪改めてめっちゃうれしいっ・・・つかさ、男の子の名前も服も全然用意してなかったし。。。


通常の検診も終え、せっかくもらった超音波写真を旦那に見せてやろうと、昼は久々に待ち合わせして外でランチ。


私:「(写真見せながら)〜〜〜でさぁ〜、超音波してくれてうれしかったよ〜。」


旦那:「・・・これってどの部分か全っ然わかんね(無責任男発言1)」


私:「めっちゃわかりやすいじゃん!これが目で鼻でこれが口で・・・」


旦那:「あーほんとだ。すげー鼻ペチャでタラコ唇じゃん(無責任男発言2)」


私:「・・・。でさ、内診したら子宮口1cm開いてるって言われた。」


旦那:「・・・マジで?!もう産まれるじゃん!つか、早く産めよ(無責任男発言3)」


私:「産めよって・・・そんな簡単に産めないよ。陣痛だってまだ・・・」


旦那:「そっか、いよいよかぁ(↑無視)。もう早いこと出しちまえよな(無責任男発言4)」




・・・なんで男ってこんなに単純な生き物なんだろう。。。




ランチが終わって、旦那を会社に送り、娘を迎えに行くと。。。


今日のスタイル


私が用意した服を着た娘が「ママ〜」とかけより、再会のハグ。意外にも髪の毛もくくられていて、「パパが結んだの?可愛いじゃん。」なんて言いながら足元見たら。。。


エナメル靴!


エ、エ、エナメル靴!!!


パンダちゃん靴下に、ドレス用のエナメル靴!!!ありえない。。。



「なんでこの靴履いてんの?パパが選んだの?」と言っていたら、さすがに先生も「やっぱりダディーの仕業ね、(=^w^)ぷぷっ!」と失笑する始末(無責任男行動1)。はぁ。。。。


このことを責めたらきっと「履いて欲しくない靴は下駄箱に置くな!(無責任男発言予想1)」って言うんだろうな。靴を下駄箱以外どこに置くねん。



で、結んだ髪の毛は本当は三つ編みにしようと思ったんだって(失敗して挫折)。

・・・つか、そんなことどーでもいーから・・・靴。。。


「二児の父」になるんだからさぁ。もうちょっと・・・ね。


間違っても私の「息子」にはならないで欲しい(マジで)。

臨月・命名の話
あれよあれよという間に、臨月を迎えました。


今月はなんだか夜になると胸やけでムカムカ。でもいざ寝ようとするとベビちゃんがドンドコ動きまくるので、朝方まで眠れない日もしばしば。


だからお昼寝が必須になったりしてました。別に疲れてるわけじゃないけどね。ただのグ〜タラです。



ツワリで苦しんでいた夏ごろは、昼寝をしようとすると娘が「ちーちーする」と、わざとトイレに行ったりして、それをシカトするわけにも行かず、ヘロヘロ(イライラとも言う)になりながら立ち上がって手伝っていたのですが・・・。



最近は私が寝てても勝手にトイレに行き、パンツを脱いで用をたし、ちゃんと拭いて、流して、ご丁寧にふたまで閉めて、パンツを履いて出てくる・・・という一連の流れをすべて一人で出来るようになり、あ〜数ヶ月でずいぶんと成長したなぁと思います。(ちなみに(大)のときは自分で拭けないので「出たよ〜!」とトイレで叫んでますが)



なので、ついつい3時間ぐらい寝ちゃったりして(^^;。娘も一人遊びが飽きると隣でスヤスヤ。ほんと助かります。その代わり夜は目ランランだけど(^^;




昨日の検診で、血圧も尿検査もろもろもすべて異常なく、順調。来週からは週一で来てねと言われました。で。「破水したり、12〜10分間隔で陣痛が来たら来てね」と。あ〜いよいよだなぁ〜って感じですな。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


最近はよくお友達に「名前決まった?」と聞かれますが。・・・いろいろすったもんだありましたのよ。


二人目にもなると、旦那の命名への関心が一人目とはずいぶん違います。これで何度ムカついたことか・・・。前回は「ベビは1人なのにそんなに考えてどーすんの?」ぐらいに候補をあげてきたのに。これに半分飽きれながらも、「父親(=男)なりに楽しみにしてるんだなぁ」と微笑ましかったのに・・・。


今回は私が「名づけ辞典」を目の前に出さないと、自分からは言い出さない始末・・・。「その名前は嫌だっ」て何度も言ってる名前を「○○は?」と同じこと言い出すとき(=聞いてない)には、「だ〜か〜ら〜!!」と、その度イライラしたりして。挙句の果てには「オレの出す名前は却下するだろ」と言い、考えなかったり・・・さいて〜。


そんなこんなを乗り越えながら、二人とも「お!これは!」と思われる名前が第一候補となり、それに決まりそうです。・・・というか、旦那もそれ以上何も考えてこないしっ。



本当はさ。アメリカで出産する記念にミドルネームも考えちゃおっかなとか思ってたのに、日本名でさえこんなに決まらなかったのに、ミドルネームが決まるわけないよなと泣く泣く諦めました・・・まぁね、我が家はどちらもバリバリ日本人だし、必要ないのかなと思ったってのもあるけど(・・・というかそうやって自分を慰めてみた)。



あるママ友さんがさ。旦那さんのことを「一人目のときはいろいろと手伝ってくれて、これは二人目産んでも大丈夫だと安心してたのに、いざ産まれたら全然手伝ってくれなくなった。二人目のときの方が手伝って欲しいのにねぇ」と愚痴をこぼしていたのを思い出した。



二人も産むぐらいだから、旦那さんも子供好きだろうに、そんなことあんの〜?と半信半疑だったのだが・・・なんとなくわかるような気がしたよ。二人も産むとママはずいぶんと手馴れてるし、自分で出来ることはチャッチャとやってしまうしで、旦那つーのはそれに(簡単に)甘えるんだな、と。


そうならないように、今後の育児は、てきとーにがんばろー。







ベビ物準備
今月半ば過ぎには臨月になっちゃう私。


やっとこさ、名前も片手におさまる範囲で絞られてきました。



でも・・・準備らしい準備は他には何もしてなかった(^^;ので、今日は買出しに出かけ。




日本で言うkidsOffのような子供物の中古屋さんも4件ぐらい見つけ、大物家具や遊具はそこで、と思ってたんだけど、購入までにはいたらず。ま、娘のものを使いまわせるしね。




娘の赤ちゃんの頃の服が意外と少なくて、新たにいくつか買いました。


かわいいベビちゃん服


くぅ〜♪かわゆい。ベビ服選ぶのってなんでこんなに楽しいんだろう?!しかも女の子のは柄もデザインも多いから、萌えまくり。

ちなみに、すべてcarter'sというブランドのもの。

「carter's」
http://www.carters.com/

ここは赤ちゃんの服やグッズがお手ごろ価格のわりは質もよく、何より気に入ってるのは、被り物の多いアメリカのベビ服のなかで唯一前開きの服が充実してるのよね。ねんねの頃って、被り物着せにくくない?!


日本で同じもの買うとやたら値段が高いけど・・・セールもしてて、お友達から頂いたギフト券(ありがとう)+αで、かなり安く買えました。



・・・ていうか、バリバリ女の子の服選んだけど、男の子だったらどうしよう・・・交換できるようにレシートとっておこう(^^;



で。カメラを構えるとかならずやってくるレニ王子。やらせなく、このポーズですよ・・・。




母からの贈り物



これは母から送られてきたもの。生まれたばっかりの頃に着せたいのは、やはり日本の着物的な産着。ベタですが「麻の葉柄」をリクエストし、送ってくれました。

麻は丈夫なことから、丈夫な子に育つようにって意味があるのですよ。黄色なのはやはり男女兼用できるからでしょうかね。


チャイルドシート


「アメリカはチャイルドシートを準備してないと退院させてくれない。」という情報を耳にし、日本に帰国したママ友さんから安価で譲り受けたもの。実はこれを買ったときは、妊娠してるかどうかも分からない時期だったのですが、早めに買っておいてよかったぁー。ちなみにこれをそのまま乗っけられるベビーカーも譲り受けました。

で、カバーをさ、洗濯したら、どうやって装着するのか分からなくなっちゃった(^^;誰かタスケテ。



・・・とりあえず、こんな感じかな。




前回の経験上、「産まれてから買えばよかった」と後悔した品々も多く。たとえばオムツとか。前回は新生児用を買いすぎて、ビッグに生まれた娘にはすぐにキツキツになっちゃったり。哺乳瓶の可愛いのそろえたのに、封も開ける間もなく、完全母乳になったり、と。

なので、他のものは後からそろえます。

・・・早いとこ分離して、お腹も気持ちもすっきりしたいなぁ。






妊娠9ヶ月
いよいよ32週、妊娠9ヶ月となりました。


前回の妊娠より静かに出来る時間が少ないので、胎動を感じてもいちいち喜ぶヒマもなく、ちょっとかわいそうなのですが、最近では動きも人っぽく、「今、蹴ったな」とか「肘で押したな」とか、そんなことも分かるほど成長してくれました。


昨日の検診で触診の結果、逆子じゃないと判明し、一安心。異国の地での出産なので、なるべくノーマルなお産であっさりと終わりたいので。


久々に検診についてきた旦那&娘も、力強い心音に胸を躍らせていました。


妊娠ってやっぱり特別なもの。


誰かに「今何週目?」と聞かれると「・・・?二人目だからあんま数えてないや」的ないい加減さになると思いきや、「○週です」とキッパリ答えられるほど、ちゃんと自覚はしていました。その都度、ネットでどれだけ成長しているか調べてたしね。





前の妊娠と、今回の妊娠。何が一番違うと言ったら・・・





運転している。






前回は妊娠がわかってから自分で運転したっていう記憶がないなぁ。実家〜自宅までは、大体父が送り迎えしてくれたし(旦那は長期出張してたので)、それも助手席に乗らず、後ろ座席に座ってたかも。

電車もたくさん乗った覚えがない・・・何やってたんだろ、私(^^;


ツワリに開放されて動けるようになった妊娠8ヶ月〜臨月あたりは、近所のドッグカフェにレニ連れて犬友と遊ぶ日々が多かったので、車なんて検診のときぐらいしか乗らなかった。


けど今は・・・運転しないと生きていけません。


シートベルトのキツさはあまり気にならないのですが、さすがに乗ったり降りたりの動きがちょっと辛くなってきました。でも・・・


・・・そんな事、言ってらんない。


きっと出産の前日まで運転し、出産の翌日にはまた、運転していることでしょう。


::::::::::::::::::::::::::::::::::


そうそう・・・実は「妊娠糖尿病か?」という疑いがあったのです。

ここAustinでも、来年出産予定&妊娠予備軍が多いので、参考までに・・・って参考にしたくないだろうけど(^^;



以前ブログにもかいた「グルコーステスト」の結果が否になってしまい、再検査することになりました。糖尿病かどうかはわからないけど、「妊娠貧血」であることは確実だったらしく、即、鉄剤を処方されました。


貧血・・・全然、自覚症状ないんですけど。クラッっとかないし。


でも、娘の母子手帳を見返してみたら、前回もなってました。同じ時期に。



で。再検査の当日。

9:00am ・・・産院に着くなり採血。前回と同じジュースを飲まされる。

10:00 ・・・2回目の採血。通常の産科検診をする。

11:00 ・・・3回目の採血。

12:00 ・・・4回目の採血。

・・・とまぁ、血を抜かれまくりで。何が大変かってね・・・






ヒマ。激ヒマ。






採血なんて3分もかかんないんだもん。待ち時間、友達から借りた雑誌や、居眠り、院内を無駄にウロウロなぞして過ごしました。貧血だなんて言われたわりにはたくさん血を採られても全然普通だったですけど・・・。


で、結果はノーマル。なんだったんだ、いったい。。。


疑いがかかったとき、ネットでいろいろ調べたけど、入院しなきゃとか、毎日通院とか、インシュリンを自分で注射?!とか・・・とっても大変そうだったので、ほんと、結果が良くてよかった。


今後も何事もなく、無事に出産できますように。。。







Baby Shower
アメリカでは、Baby Showerという素敵な習慣があります。

日本で言う「出産前祝い」というところでしょうか。

Baby Showerのパーティーは、アメリカでは一般的な出産祝いの習慣で、妊婦さんの友人がホスト役となって、赤ちゃんが生まれる前に、これから必要なものをシャワーのようにプレゼントする!というパーティーなのです。

もちろん、生まれてくるベビーに皆で愛情をシャワーのようにおくるということも込められていて、きっと「Baby Shower」の語源もここから来ていると言われています。

ベビーシャワーは、産後の母体が回復しきれていない時期よりも、安定しているこの時期にプレゼントとともにベビーの誕生を願うということも込めて行われます。


そして、今日、お友達9名が私の為にその「Baby Shower」をひらいてくれました!



二人目なのに、こんなによくしてもらって。。。感謝感激です。


素敵な飾りつけ
とってもかわいいのです。

ホストの方に事前にイメージカラーを聞かれ、「黄色がいいな」と言ったら、黄色ベースのとっても素敵な飾り付けをしてくれていました。部屋に入った瞬間、ウルウルです。

うさちゃんとたまご
すてきなアレンジ

小物やお花もとっても素敵♪


おいしい料理の数々

そしてこのおいしい料理の数々!!!みんな忙しいのに手料理してくれて本当にどうもありがとう。

超かわいいケーキ!!


見てみて!!!このかわいいケーキ♪アメリカならでわって感じで、このケーキを見た瞬間、マジで泣けてきました。

Babyシューズがめちゃくちゃかわいい

こんなにかわいいベビーシューズが乗っているのです。これは保存できるそうなので、大切に取っておきたいと思います。


素敵なカードやギフトの数々


数々の心のこもったカードやギフトを頂き・・・本当に幸せです。







こんなことを言ってはバチが当たりそうですが。。。


「子供を授かる」ことが出来るのは、この上なく嬉しいことなのですが。

私の妊娠生活というのは、過酷で長いツワリから始まり、腰痛や貧血などのマイナートラブルも多く、特に第一子である娘の時には旦那もほとんどいなかったこともあり、正直、マタニティーライフをあまり楽しめずに出産しました。


今回は一度経験はしているものの、「アメリカ」という場で英語ややり方の違いにも苦戦し、前回と同じく7ヶ月まで続くツワリに悩まされました。。。


でもでも!!!今回はBaby Showerを開いてくれた友達たちや、ほかのママ友さんたちに、本当に良くしていただき、とっても楽しく過ごさせてもらっています!辛いときに差し入れをしてくれたり、ランチに誘ってくれたり。。。本当に感謝しています。



現在、30週で、前回は39週なってすぐ出産しているので、年が明けたらいよいよ出産モードに入る感じです。

ラストスパート、皆さんの暖かさに包まれながら、頑張っていきたいと思います。




病院三昧
病院三昧・・・とはいえ、別に病気なわけではござらん。


月曜日は娘のインフルエンザの予防接種、火曜日は私の産科検診、金曜日は娘の皮膚科へ。



予防接種を受けたとき、お世話になってる小児科の先生に「いつもの薬だけじゃアトピーが良くならないの」と相談したら、じゃぁスペシャリスト紹介してあげるってことになり、話をつけてくれたので、すぐに予約することが出来ました。画期的なアドバイスや薬もらえるといいんだけどなぁ。



で、今日火曜日は私の検診。ベビちゃん順調でした〜。



そして、「グルコーステスト」ってやつを受けました。血糖値を調べて、妊娠糖尿病の有無を調べるものらしい。


前日の夜から飲食厳禁で、朝の9時前に病院へ。ファンタオレンジの炭酸が抜けたような味のジュースを250mlぐらい飲まされたな、でも乾燥で喉がカラカラだったのと、お腹もすいてたから苦労せずにゴクゴク飲めた。


これを飲んで一時間後に採血。その一時間の待ち時間のためにいろいろと暇つぶしグッズを持っていったのだけど、普通に通常の検診もしてもらえたため、意外と早く済みました。


ベビちゃんの心音も力強くて一安心。胎動の感じ方で、なんとなく逆子かな?と思っていたので、先生に聞いてみると「ん〜、(触診しながら)たぶん頭は下だと思うよ。」「でもまだ小さいから32週ぐらいまで気にしなくていいよ」だって。


32週っていったら・・・9ヶ月か。その時はまだまだだなぁと思ったけど、良く考えると今日で8ヶ月(妊娠後期)突入だから、もうすぐだなぁ。



29週まで育つと、もし早産しても今の医療なら90%生きられるんだってね。もちろんリスクを背負うかもしれないけど。でもこの娘2号が外の世界に出て育つ可能性が高くなったわけだ。そう考えると安心。良くぞここまで育ってくれたよ、ほんと。



で、検診がとうとう2週に1度のペースになりました。今までずっと1ヶ月に一度だけで、しかも超音波も2回しかしてないから、なんだか急にいよいよ近づいてきた感じでドキドキ。年が明けたら出産モードだな。楽しみ。
命名の話
二人目ちゃんの性別がわかった以上,考えちゃうのが「名前」。


ここでやっと父親となるものの,大きな仕事登場です。


父親ってこういうことでしか実感わかなかったりするらしいからね・・・。


我が家の子供たちの名前はすべて旦那がつけました。って言っても,フェレズとレニは夫婦共好きな「TOY STORY」のキャラクターから頂いた名前ですが,それでもどのキャラクターにするかにけっこー悩むもんです。


人間の子供の場合,一から考えなきゃいけないのでもっと大変。



ちなみに,娘の名前は・・・


色とりどりの音となって万人に好かれる人になって欲しい願い、心「音」を確認出来た時、新しい生命に拍手喝「采」を送った気持ちを込めて。


「采音」(ことね)


と命名しました。「采」という字は名乗りで「こと」と読むけれど,一般的な読み方ではないですよね。でもこの「采」という漢字の意味の奥深さに惚れました。「琴」でもよかったけど,画数があわなかったし,・・・琴もひけねーし。



でも,ここはアメリカ。漢字で書く機会は全くないので,ママ友さんに「ねぇねぇ,KOTONEとはどんな意味なの?」と聞かれるたびに「ジャパニーズ ハープ サウンドよ」と言うと,かなりウケがいいです(特に音楽教室)。



んで。二人目も女の子とわかり,旦那も張り切って考えています・・・が!!


前のブログで書いたとおり,私たちの周りには女の子ばっかり・・・。ってことは女の子の友達もおのずと増えるわけで。た〜くさんの名前があるわけですが・・・。





いい加減,カブります・・・( ̄Д ̄;;





旦那「○っちゃん,っていう呼び名可愛いよね。」
私「でもそれ,いとこの子と同じじゃん・・・」


旦那「○○ちゃんってのはどう?」
私「それは姪っ子とカブるでしょ。」


旦那「○○ちゃんは?」
私「う〜ん,コトの友達の名前と似ちゃうジャン」



旦那「・・・。うるせーな。」



・・・ってな具合。


どうせカブるなら姉妹でカブったほうが双子みたいで可愛いかな?という路線で現在進行中です。
性別判明!
娘2号の超音波写真

今日は超音波(だけ)をうける日でした。妊娠してから超音波を受けるのは二回目。。。少なっ!

しかも,担当医からは「ここに行って撮りに行ってね」と違う病院を紹介され。。。日本とはとことん勝手が違います。

性別がわかるであろうということで,旦那も朝からソワソワ。娘を保育園に送ったあと,二人で行ってきました。


前置きはこれぐらいにして・・・まず結果報告を。。。





・・・ギャルです!99%ギャルです!





前から,「欲を言えば女の子がいい」とか「どちらでもいいけど」とか言っていた私ですが,ここだけの話,今だからぶっちゃけますと,思いっきり女の子希望してましたっ!!!と言うよりむしろ,絶対女の子だと思っていました!!!


別に男の子だったらガッカリするわけじゃないですよ。でもきっとすごくビックリしたとは思う。・・・これにはちゃんと根拠があるのです。




ここ10年の間に,私の身近な親戚に産まれた子供,我が子を含めると・・・


9人,全員,女の子。


ちょっと遠い親戚の子を含めても,見事に全員,女なんです。


なので,私の中では「赤ちゃん=女の子」「男の子=人んちの子」というイメージがガッチリ固定されています。だって,ここ10年,女の子のプレゼントを買い続け,ひな祭りや七五三など華やかなキモノを身にまとったギャルを見続けていたんだから,そう思ってもしかたないっしょ。自分ってきっと女の子しか産めない身体,とも思ってたし。



そして,娘のときも今回も,軽く産み分けしたしね(笑)。いやぁタイミング狙っただけですが。



旦那はどっちも育ててみたいという理由で「男の子がいい」と人前で言っていましたが,テレビで可愛い子役の女の子とか出てくると「こんな子になればいいなぁ」「この子の名前かわいいなぁ」などとエロオヤジ発言ばっかり(苦笑)・・・「女ばっかりじゃオレの居場所なくなっちゃうなぁ〜」なんて言いながら,姫たちに囲まれ,イジメられる生活も楽しみにしているようです(M)。


とにかく!べビちゃんの成長も順調で何のトラブルもなさそうなのでそれが一番うれしかったな。金曜日にはいつもの病院で定期健診。前回受けた詳しい血液検査の結果が問題なければ,また一安心出来るのだけど。


実家の両親に報告したら「また女〜?!」と大・大・大爆笑。ここまで見事に女だと,逆に面白くって。親戚の中で子供を産みそうなのはもう私しか残っていなかったので,最後の締めくくりも「女」の結果にアッパレといった感じです(笑)。


・・・しっかし,べビちゃん,超音波の間ず〜〜〜っと大暴れしてました。

娘のときはいっつも寝ていて,動きが全然見れなかったのですが,もう蹴ったり叩いたりの大暴れ。先生も「あら,すっごい元気だわね〜」と笑ってましたよ。娘以上のお転婆娘っぽいです。。。(;´д`)
いいものは,良い!!
最近,日本からの荷物が二つ届いた。

ひとつは友達から。

私がmixiの日記で「カップラーメン食いたい,ホームラン軒食べたい(←1番好き)」と騒いでいたら,マイミクが送ってくれたのだ!まぢカンドー。

ほかにも「ねぎみそラーメン」というデラックスなカップラーメンがあったのだが・・・



・・・激ウマ



旦那には隠しておこうと思ったのに(笑)目ざとく見つけられちゃったので,一緒に食しました。もうこれはラーメン屋で食べてるのと同じレベルですな。本当にありがとう!



で,もう一つは母から。


母から,と言ってもほとんどが自分でネットで購入し,実家着にしたものを送ってもらっただけだけど。ほかにも好きな羊羹とか入っててうれしかったわ。友達来たら出そう〜。

で,買ったものというのは「マタニティーウエア」。なんせ「一人でいい!」と思っていた私はクタクタになったものを捨ててきてしまって。唯一取って置いたお出かけ用の二つのワンピースは思いっきり冬物だし。


でも,これまた有難いことに,お友達がたーくさんのとっても可愛いマタ服を貸してくれて,遠慮なく着させてもらってるのですが,本当にそればっかりで(笑)。ネットで見てたらちょうど夏物をセールしてたので,何着か買いました。


ただ,下着を買うの忘れて,母に頼んだのね。マタニティーパンツとか。


母には「イトーヨーカドーとかの安物でいい」と言っといたのに,送られてきたのは案の定,伊勢丹の袋に包まれた,ワコールの高いやつ。


「も〜,(ラスマタだし)安物で良いって言ったのに」とか思いながら履くこと数日・・・



ワコール最高ー。



履き心地,まぢいい。やっぱ高いだけのことはあるね。今までは通販の安物しか履いてなかったので,違いにビックリ。綿ってこんなに柔らかかったっけねって感じで。


早速,母と話して「いいやつはやっぱいいね〜」とお礼を言ったら「そりゃそうよ」と言われ。。。


母「っていうか,あんたもいい歳なんだから下着ぐらいちゃんとしたのはきなさいよっ」


と怒られた。そりゃそうだな,もう30過ぎてんだしな。。。


私も娘がいい歳こいてチンチクリンなパンツはいてたら,一言物申すよな。とか思いながら,母の優しさを身に着ける毎日であります。